生きているだけで丸儲け


by zxt7867
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヘリに乗った



最近の息子、ヘリコプターに凝っています、飛行機は年に何回か乗るから、今度はヘリコプターを乗りたいと、この夢をかなえたのは昨日でした。

a0106340_1132575.jpg

大人4000円の子供2000円ですが、乗るのが只の5分でした、高すぎる(値段も場所も)、ママは気が小さいから(胆小鬼)、4000円を節約しました。乗った3人は興奮が抑えきれないままに、その後もヘリの乗り場の周りでうろうろして、ヘリが飛ぶたびに走りまわていた。

a0106340_11474763.jpg
a0106340_11475774.jpg


ちなみに、うちの中もこんな状態です。飛ぶものなら「应有尽有」。

a0106340_11505655.jpg

[PR]
by zxt7867 | 2008-04-30 11:33 | 息子

杀手锏

昨天我连哄带骗使出了浑身解术让孩子睡觉,都不见效果,
外星人来了,幽灵来了等等招数,早就不灵了。
只好讲道理,这睡觉就像充电,电池没了,明天就玩不动了,
根本是对牛弹琴。

儿子小时候,我从别的妈妈那里取来的经,很管用了一阵。
以前妈妈班里有个小朋友叫军军,晚上不睡觉,第二天他妈妈醒来发现军军不在了,
找啊找啊找啊,后来终于在百円店找到。原来躲在拉门里的蘑菇鬼,等妈妈睡着了,趁机把还不睡觉的军军装垃圾袋里偷走,卖到100円shop去了。
「100円で売られたくないでしょう?」「はい」という具合でした。
渐渐的也不灵了,「ママ、昨天我作了个梦,梦见蘑菇鬼,我们还一起玩了呢,仲良しになったよ!一点也不可怕。」
不行不行不行,得想新招。

灵机一动,你们知道一句老话吗?少睡一天少活一年(鬼知道哪里来的这句老话),
本来可以活100岁的,少睡一天就只能活99岁啦!
话刚说完,只见刚才还在头顶着被子装鬼的儿子,已乖乖得躺下来,不到5分钟,就发出了均匀的鼾声。
原来你也有怕的东西,和你妈小时候一样,最怕死啊?

不知道这杀手锏能管用多久?

对付完了儿子,再对付女儿,最近女儿比儿子还难对付,在保育院睡过午觉的她,精力旺盛,
又讲不通道理,秀才碰到兵有理说不清。
[PR]
by zxt7867 | 2008-04-29 03:26 | 息子

我家有女初长成

卖花姑娘
a0106340_1718342.jpg

旧上海
a0106340_1718502.jpg

网虫
a0106340_17323374.jpg

[PR]
by zxt7867 | 2008-04-26 17:27 |

上海,上海,我爱你!

上海长风公园にて

[PR]
by zxt7867 | 2008-04-25 11:18 | アルバム

空港の目(机场之眼)

息子が撮った写真

a0106340_125435100.jpg


a0106340_13131035.jpg


a0106340_13132344.jpg

飛行機、僕の夢を乗せて!
a0106340_13135213.jpg

[PR]
by zxt7867 | 2008-04-24 12:55 | 息子

登校一日目

昨日は無事入学式が終え、今日は登校一日目。

朝から「なんだ?この雨と強風は、おまけに雷!」、すごい試練の始まりだ。

6分で着く駅まで15分ぐらいかかりました、何回も傘が飛ばされました、それでも必死に防災頭巾を自分で持つと頑張ってくれました。「偉いね!すごいね!男前だね!」と100回以上ずっと後ろで繰り返し褒め続けました。

昨日買ったばっかりの防犯ブザーを気にしながら、「雨に濡れないかな?」「濡れたらまだ鳴る?」とランドセルの横にぶら下がっていた防犯ブザーを何回も触って、好奇心で引っ張りたがっていた。

電車の中も重いランドセルを背負っていた息子を見て、思わず手をのばして下から支えて上げたが、「ママ、ランドセルにタッチなし~」とcoolに拒否された。

お迎えの時は、あんまりの寒さでgive upする私、思わずタクシに手を挙げました、100メータも乗らないうちに、息子が「電車がいい」と言うので、またまた駅に降りて電車を乗るはめに、3ヶ月定期を買ってあげた、これからは一人前だね、息子!

写真は「妹妹、飛行機を描くのを僕が教えてあげる」と科学館で世話を焼いていた息子、「好为人师」。

a0106340_23392481.jpg

[PR]
by zxt7867 | 2008-04-09 03:51 | 息子

桜色舞うころ

桜色舞うころ 川江美奈子/作詞・作曲

桜色舞うころ 私はひとり 桜花一色纷飞时 我是一个人
押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた        无法按捺心中的思绪

若葉色 萌ゆれば 思いあふれて
すべてを見失い あなたへ流れた

めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと そっと教えながら

枯葉色 染めてく あなたのとなり
移ろいゆく日々が 愛へと変わるの

どうか木々たちだけは この想いを守って
もう一度だけふたりの上で そっと葉を揺らして

やがてとき季節はふたりを どこへ運んでゆくの
ただひとつだけ 確かな今を そっと抱きしめていた

雪化粧 まとえば 想いはぐれて
足跡も消してく 音無きいたずら

どうか木々たちだけは この想いを守って
「永遠」の中ふたりとどめて ここに 生き続けて

めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと そっと おしえながら

桜色 舞うころ 私はひとり
あなたへの想いを かみしめたまま
[PR]
by zxt7867 | 2008-04-07 04:21 | 趣味