人気ブログランキング |

生きているだけで丸儲け


by zxt7867
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雨の中(雨中行)

  正月前、息子がめでたく通っていたスイミングスクールの進級テストで10級さんから9級さんに上がった。その「再接再厉」のため、月曜日またプールに連れて行ってきました。

  その日はまだ練習したばっかりの自転車で行きたいと本人が張り切って言い出したので、本人の意思を尊重して、息子は自転車、娘はベビーカー、一行親子三人が出かけた。
  私は娘が乗っていたベビーカーを押しながら、交替で息子の自転車も押してあげて、途中雲行きが怪しくなり、小雨が降り始め、それでも頑張って走行30分、やっと目的地スイミングスクールに到着しました。
  ちなみに前回公園で自転車練習した時は息子が泣きっぱなし、時には木のせいにして「ママ、木を切って」、時には道のせいにして、「ママ、この道が邪魔、狭すぎる」。。。。ずーとワンワン泣いていた、公園中が息子の「ママ、ママ」の泣き声が響いていました。私もさすがに堪忍袋の緒が切れた、彼を置き去りにして、娘と二人で家に帰りました。その後様子を見に行ったら、一人で練習していた、初めはやっばり私が押してあげないと駄目みたいだけど、Sを書きながら10メートルぐらいは乗れるようになった。

  プールの帰りは小雨が大雨になってきた、タクシを拾うと思ったら、息子が自転車ですでに雨の中でした、髪の毛もまだ乾かしてなかったと言うのに、このままじや間違いなく風邪をひくと思い、プール用のバスタオルを捲いてあげた、「変なの」と息子が言いながら帰路へ。
 
a0106340_11278.jpg


娘は自分で傘を差しながらベビーカーに乗り、私は息子のミキハウスの帽子を被って、ベビーカーを押した。

この帽子です。
a0106340_1301047.jpg

どうせ真っ暗になったから誰も面識しないし、別に恥ずかしいとも思わなかった。
というより思う余裕もなかった。この帽子があったお陰で少なくとも頭が濡れなくて済んだ。

a0106340_122616.jpg

雨のせいで道が滑って、自転車も乗りやすいだろうか、息子は殆ど私の助けを借りなくても一人で揺れながら先に進んだ。1/7の夕方5時半前後誰かもしこの怪しい親子3人を見たとしたら、それは私たちです。

家に帰った時はこんな状態でした、娘がしっかり傘を持ってぐっすり寝ていた。
a0106340_1181312.jpg


ちなみに私はビショ濡れで、
「整个一落汤鸡」、狼狈不堪,多亏天黑,没人注意,就是注意到我也没办法在乎。


だけど全く苦とは思わなくて、只息子が自転車を乗れただけで嬉しかった。
by zxt7867 | 2008-01-09 01:27 | 思い出