人気ブログランキング |

生きているだけで丸儲け


by zxt7867
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スリーピングシーリズ(睡眠系列)

1.催眠術があったらな  
    アルバムに一枚の写真を何気なく見て居たら、気が付いたこと、後ろのテレビに映っていた画面を見て思わず苦笑いした私。
a0106340_2134422.jpg

 「3人の催眠術師が敗退」なんて、夜中に竹馬に乗っていた娘の悪戯顔を見てよ、私はいつも寝ない我が子に向かって「催眠が出来たらな」と思った。それに対して、まるでテレビを借りて私に口答えしているように見えるけど、 それにしても彼女随分口答えができるようになったな、いつも感心しています。
  夕べはせっかく早く寝てくれた息子の代わりに、昼間保育園でたっぷり昼寝した娘がずっと寝返りしたり、「お水」だの、「おしっこ」だの、全く寝る気はいがなかった。「神様、早く寝てくれたら、聖書でも読もう」と私の心の中のお祈りと裏腹に、一向に寝ない娘でした。「いつか二人揃って早く寝てくれたらな」、その日はちょっと体調不良で寒気を感じ、眠くてとうとう怒ってしまった「早く寝なさい!」、そしたら「怒らないで」と私の鼻を摘んで、朝私が彼女を起こそうとしたことと同じように、先に寝ちゃいそうな私に何回も鼻を摘んで起こしてくれた。結局寝たのが11時過ぎでした。
  毎晩8時は二階のベットルームに行かせて、絵本を読んで、徐々に電気を暗くして、最後に完全に電気を消して、 揺りかごの歌を歌いながら段々眠ってくれれば一番理想だけど、しかし我が家は電気消した後は騒ぎ始めた二人の小悪魔、 疲れて既に横になっていた私に、上から踏んだり、お尻が私の顔面の上に座ったり、髪の毛をひっぱたり、その時がもし夫が帰ってきたら災厄です。二人揃って一階に下りていく、もう「パパ、パパ」、大騒ぎ、大興奮。
  やっばり3人分の、いや、足りないから4人分の催眠術が欲しいところです。

2.国際歌 
  夜は寝ないから朝も当然起きれない、その悪循環です。
  日本の方は多分ご存じないと思いますが。子供の時に中国の学校どこでも教えていた昔ソビエトのこの「国際歌」を、最近の私が子供たちの朝の寝坊攻撃に使っています。耳元ですごい低い声で「起来,饥寒交迫的人们,起来,全世界受苦的人,满腔的热血已经沸腾,要为真理而斗争」,いつも聞いていた童謡と違って、あんまりの重みのあるメロディで、そして「起来」以外は全然意味の分らない歌詞でびっくりして目が覚めてしまった子供たち、「なに?それ?」見たいな寝ぼけ顔で「もう一回歌って」って、そしたら、ママもオーケストラのボーカルみたいに両手を拡げて歌うように、まるで女版のパーワローティ(帕瓦卢蒂)。
  二十ん年前で歌った歌なんだけど、歌詞が意外にもはっきり覚えているのは自分もびっくり。おかげで朝から我が家は笑い声が絶えません。
  ロシアの友だちにはちょっと不謹慎かもしれませんが、真面目な歌でふざけ過ぎて、申し訳がございません。。。
  今はこの歌を知っている人、知っていても歌う人っているでしょうか?

3.朝は激戦 
  そして国際歌の効き目も一か月も続かず、
  ある日相変わらず8時半になっても起きてこない息子に、無理やり園服を着せて、靴下を履かせてあげて、1階まだ運んであげたけど、一向に目が覚めないので、車まで抱っこして運んだ。 そして娘と一緒に、二人の荷物を抱えて、車に乗せて、発車しました。途中で気が付いたけど、息子に靴を履かせてなかったことを、運転しながらも、自分に家に戻らなくてもいい理由を頭の中に考えた「どうせ、幼稚園に着いたら上履きに履き替えるから、靴がなくてもいい」と、でも車から園までまだ距離があるし、まさかこんな5才児を「抱っこ」?なんて、やっばり一旦家に帰るしかなかった。只でさえ遅れるというのに。。。
  お家に戻って急いで、靴を持って、車を再び起動した時は既に9時過ぎでした、まずは娘の方を先に送り出す、保育園に着いて車から降りる自分の足元にまずびっくり、なんと靴が片方ずつ違うのではないですか?はー恥ずかしい!「だれも気づかないことをお祈りします」。
  息子の園に着いた時は9:30ギリギリでした。まずは息子、さすがその時はもう起きました。私の靴を見て「ママって面白い」の一言、「君には言われたくないよ」。
  そして教室の前、同じ遅れてきたゆうくんのママが「ふ、ふ、私だけがこんなことをするのかなと思ったけど、○○さんも同じで良かった」って、へえ?こんなことで共通点を見つけて慰めてくれるなんて、嬉しいやら悲しいやら?「はーはーはー」笑って誤魔化すしかなかった私でした。
  それにゆうくんまま、三人目が生まれて、ある日三時になっても、ゆうくんを迎えに来なかったことを聞きましたよ、役員の方がお家に電話して、やっと来ましたが、その遅れた理由は?「寝ちゃった」って言ったそうです、「私はまだこんなことはなかったよ」って言いたかったが、でも三人も子供が居ったら、きっと寝不足で同じことがあったに違いないか、やっばりゆうくんママの言うとおり「同じ」だよ。いや、彼女以下だよ、ゆうくんママはいつも綺麗にお化粧しているけど、こんなことをここで言ってもいいかどうか、私は今だに顔さえ洗ってなかった、行けないんだ、行けないんだ!
  これ以上の人に靴の違いを見つかる前に、早くお家に逃げないと、その後車までは一人で誰にも挨拶せず猛スピードで走った私でした。

4.奇想天外
  そして今日も子供たちを寝かせるとき、息子が一人でげらげら笑っていた、なんか面白いことがあるの?と聞いたら、すごい話が長く永遠にしゃべり続けました。
a0106340_215281.jpg

  下はその話のおまとめです、子供の発想って本当に面白い。
  僕はママのお腹の中にいるとき、いつも大騒ぎしました、ママの胃を触ったり、肺や肝臓を触ったり、心臓をバスゲートボールみたいに蹴ったり遊んでいました、そして心臓の 上の高いところから滑り台にして滑った、そしてママの心臓を逆さまにしてロケット見たいに乗ってママの口から飛び出した。。。 そして○○○ちゃん(妹のこと)も会いました、ママのお腹に卵ひとつ見つけました、それを割って○○○ちゃんが出てきました、そして僕が○○○ちゃんの足を片結びしました。。。
  今書こうとしましたが、このぐらいしか思い出せなくて、というか私の方が疲れて先に寝てしまいました 、完全に記録できないのが残念です。 子供の頭ってみんな不思議の国のアリスなのね。。。
  明日はその様子を絵で描いてくれる約束して神様に催眠されたかのように幸せの眠りについた。お休み!

                              2007年1月26日に書いた記事です。









1.如果会催眠就好了 

中文はまだです。
by zxt7867 | 2008-03-14 21:10 | 思い出