人気ブログランキング |

生きているだけで丸儲け


by zxt7867
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自惚れと他人の不幸が蜜の味(炫耀和幸灾乐祸)

  息子は買ったDSiをどこに行っても持っていて、友達に見せたいです。そこで必ず持ってない子が手を出して奪い合い場面が出て、自分の持ってないものを欲しがる気持ちは大人でもコントロール聞かない人がいっぱいいるから、子供なら尚更です。だから息子よ、自慢したい気持ちがなんとかわかるけど、こんなに喧嘩やトラブルを起こすなら、一人で家でやったほうがいいではありませんか?
  4才の娘も小さいながら、自慢したい気持ちは小さくありません、可愛い玩具を鞄に付けて園に持って行きたがるです、そこで取られたり、引っ張られたり、無くなったりする、それでもまた可愛いのがあったら「持って行きたい」。
   
  小さいとき母の教育を思い出す、母はいつも「自惚れるな」(不炫耀)と言っていましたね、今になってとってもいい教訓だなと思います、ママ友達の中も結構自慢話好きな人がいるけど、自慢すればするほど私欲が見えてきます。なんにを言っているんだ?私も結構このブログで子供たちの写真や自慢話をみせぴらして危険です!母は私たちのことを人に誇示したことがありません、私たちの電話番号さえ、例え親戚でも教えたりはしませんでした。
  
  母のもう一つの教訓もとっても役に立つ印象深く頭にinputされています、それは「他人の不幸が蜜の味」にするな!(不幸灾乐祸)。小さいときに隣の家が夫婦喧嘩したり、子供が親に鞭を受けたときやなど大騒ぎして、他の子供たちが皆走って見に行く、家だけ母が「行くな」と厳しく言います、「例え隣が火事でも、見に行かない」(就是起火了也不要去看)。今になって私は町中大勢囲んで何かを見ているかのように見えても、自分が見に行きたいとは全然思わないのもその母のお陰です。
by zxt7867 | 2009-04-03 00:20 | 息子