人気ブログランキング |

生きているだけで丸儲け


by zxt7867
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

インド映画に隠される「運命」

久しぶりにインド映画を見ました、今話題の「スラムドッグ$ミリオネア」です。

私の子供時代に見れる外国の映画といえば、インド映画が1番プピュラーでしたね。
同じ値段のチケットで二時間以上も及ぶミュージカル風の「载歌载舞」かつ充実な内容たっぷりの映画が、discountな感じがして次々と放映されました。
大勢の中国人が今でも印象深く記憶に残っていると思うのが「流浪者」という映画でしょう、
そのstoryは?
ある法官が法廷である流浪汉に罪を下った時に、
「流浪汉の息子も流浪汉、法官の息子も法官」と、
すべてが「運命」と断言したことから、
その流浪汉が復讐のため、
法官の生まれたての赤ちゃんを誘拐して,
「拉兹」の名を付け、流浪汉に成長するまで育てた。
最後に拉兹が警察に捕まれ、
父親の法廷で審判された時に、やがて真実な身分が明かされる、
だれでも想像できる流れでした。

その中の主題歌「拉兹之歌」が今でも鮮明に覚えています。(インド語で)

当時は多くの漫才にも取り入れていて、
この歌を歌い出すといっぱい笑いが取れました、
ラジオの中にもいつもこの聞きなれた音楽が流されていた。
実は多少ではなく、殆どがあの世界の「卓别林」Charlie Chaplinのコピーでしたね。(服装まで)

日本に来てからは一度もインド映画を触れる機会がなく、
今回再びインド映画を見れて、凄く「故事片」らしくなったと思います、
ダンスも歌も無理やり入れることがなく、
最後にちょっとあっただけに、舞台の感覚がまったくさせない、
緊迫感のあった二時間を過ごすことができた。
作品の完成性と真実味も向上したことに(受賞作品だから当たり前か)、
ぜひ一見する価値があると思い、お勧めです。

そこにも実は神の力と運命が隠されているとは。。。
映画が教えてくれます。
Final Answer!
by zxt7867 | 2009-05-15 09:58 | 映画